タイトルはえろいですが、ピンク色をこよなく愛する人間がインテリア・雑貨等紹介して悦に浸る普通に乙女なブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 top↑
おふろ
bath_1.jpg

今回はお風呂の紹介です☆
殆ど100均ですが、個人的に家の中ですごくお気に入りの空間なので、おふろタイムが超しあわせです( ´艸`)

洗い場の隅にはシャンプーやリンス、洗顔グッズなどを置いているのですが、前は↓こんなかんじでした。
28.jpg

でもこういうふうに床にベタっと入れ物を置いておくと、その下に水垢と髪の毛がまじった「見るのが怖い」物体がすぐ出来ちゃうんです。
ほんとに見るの怖くてたまにしか掃除しないもんで、余計にどんどんきもくなっていって悪循環そのものでした。
床はプラスチックなのでまだいいのですが、これがタイルだったら目地の汚れとかなかなか落とせなくなりますし、カビも生えるしで大変だと思います。

というわけで今ではこんなかんじに↓
bath2.jpg

100均で買った二段式の小さな棚に収納しています。
上の段にはせっけんや立てて置きたい洗顔料・シェービングクリームなど。
下の段にはボディーソープとシャンプー・リンスを横置きに入れています。
この横置きのシャンプーたちが見た目にもなかなかオサレで気に入ってて、洗う時だけ一本ずつ出して使います。
シャンプーの底のところも、気づいたら真っ黒に汚れてきたりしますよね。これだとその心配もありません。
そのまま出せたら本物のディスペンサーみたいでかっこいいんだけどそこまでうまくいきません。ぶっちゃけやってみましたが難しかったですw
でも毎日これで洗っては戻しているけど、全然手間でもないですよ☆
なんといっても下が汚れないのが本当におすすめです。
たまに髪の毛が棚の足にひっかかってしまいますが、くいっとあげてシャワーで流せばすぐとれるので、シャワー浴びながらついでに取っています。
体につけるものと洗剤はあまり一緒に置きたくなかったので洗剤だけ三角コーナーに。
この三角コーナーは、もうピンクの三角コーナーを持っているのに、透明ピンクのを見つけてしまって(不透明モノより透明モノに弱いのです・・・・)、でも汚れたらいやだからこっちに使っているものなのですが、これも下に足がついているので床は全然汚れません。

使っているシャンプーやリンスもやっぱりピンクが多く、お気に入りはレシェとかティセラです。レシェの入れ物本当にかわいい;;
洗剤も蓋のところとかがピンクで「さわやかピーチ」の香りです。
これ、色も勿論だけどにおいがほんとに好きなんですが、近くのドラッグストアでは取り扱わなくなってしまいました。。。。ショック・・・。
店員さんに聞いたら、発注がかけられないので廃盤になったようです・・・と云われましたが、エステー化学のHPにはまだ載っているから、さがせばあるのかなあ・・・。
これなんですけど・・・みかけたら「まだあるよー!」てだけでも知りたいので教えて頂ければうれしいです☆

私は元々お風呂が大好きなんですけど、このグッズたちのおかげで一層楽しい時間になっています。

あ、ちなみにお風呂ではみがきするのだいすきですw
お部屋紹介 CM (2) TB (0) top↑
<<スレッドテーマて・・・ | TopPage | リンク・トラックバックについて>>
comments
はじめまして!
ピンクのお風呂場かわいいですね!
私もお風呂大好きですよ★今、ゲルマニウム浴にハマっています!
うちのお風呂も棚みたいなのにシャンプーやリンスを置いてます♪

でわ。
2005-10-10 Mon 12:00 | URL | たま #-[ 編集/削除]
>たまさん
わ!はじめまして~いらっしゃいませ!
かわいいって云って頂けてうれしいです☆ありがとう!
ゲルマニウム浴いいですね。私も前からちょっと気になっていて、セラミックボールほしいなあとか思っています。

なんと、シャンプーの棚置きやってらっしゃるんですね!!同士!
すごく便利ですよね、お掃除いらずだしいつも清潔で、ずぼらな私にはぴったりですw

たまさんのブログも拝見しました~☆
すっごいお若いですねー!!
こんなお若い方にコメントいただけるなんて、自分ちょっと若返った気分ですよ!!
これからゆっくり読ませていただきます☆

また遊びにいらしてくださいね!今後ともよろしくです☆
2005-10-10 Mon 12:13 | URL | えみた #-[ 編集/削除]
top↑
*Post a Comment*
 

管理者だけに閲覧
 

 

Track Back
top↑
| TopPage |


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。