タイトルはえろいですが、ピンク色をこよなく愛する人間がインテリア・雑貨等紹介して悦に浸る普通に乙女なブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 top↑
実践した収納アイデア
bath_1.jpg

私、収納サイトとか読み耽るのがかなり好きなんですけど、自分で考えたのも含め、実践してみて実際にすごく便利だなーと思ったものを続けています。
(どうしても片付けの習慣がつかなかったものや、はりきってやったけど飽きちゃったものは続いていませんw)
今では「しまう自分」「取り出す(探す)自分」にとって、無理なく出来たものだけを続けているので、そんな収納をご紹介します。
まず一番はやっぱり、1枚目の写真のコレ
bath2.jpg

これはどこのサイトで勉強したというわけでもなく、単に元々使っていた床置きのバスグッズ入れの裏が汚くなるのに耐えられなくなって、必然的に生まれたといってもいいものですw

これについてはお部屋紹介のお風呂編でも触れましたが、とにかく掃除いらずなんです。
床置きのバスグッズ入れだと、髪の毛や水垢、カビとかその他、見ちゃいけないものみたいなすさまじいものが裏にびっしり、さらにそれに面している床にもびっしり・・・うわーん掃除するのも怖い!!!!!!!!!
壁にくっつけていたら当然壁にもびっしり・・・ギャー!!!
というわけで、床にくっつく面を極限まで減らしてコレになりました。
まじ快適すぎ(=´∇`=)
たまに、髪の毛がひっかかったらシャワーしながらささっと脚を浮かせて流せばいいし、お掃除する日に脚の裏をちょっとチェックするだけでおk!
ただ組み立て式なのでつなぎ目から水が入りそうな予感もしますが、半年ぐらい何もお手入れしてないけど今のところ全然綺麗だからつなぎ目をしっかり組み立てれば大丈夫のようです。
もし数年使って内部に汚れが出来てもまあ・・・最終的には100均なんであきらめもつきましょうw
元々使っていた床置きのケースも綺麗に洗って最上段でちゃんと活躍してます。
私の使っているのは右にちょっとでっぱりがあって小さなタオルなどをかけることができるので、ここにナイロンタオルをかけたり、S字フックを使ってかみそり(Sの下の丸いとこにかみそりのT字型の上部分のヨコ棒をかませるかんじ。針金でできたS時フックなら簡単に深く曲げることができるのでひっかけるとこは途切れた線を上に押し上げるかんじで曲げてみるといいかも)や小さなスポンジなどにひもをつけてひっかけたり、でっぱりにそのままお風呂用洗剤の取っ手をひっかけてブラーンとさせれば洗剤の底も汚れません。
ころたんがこの収納法を採用してくれてたみたいなんだけど、どうでしょう、あたし的にはイチオシなんだけどw役に立ってるかなー?


shuunou1.jpg

これは見た目がかわいいから使ってるだけなんだけど・・・
ブックスタンドDE皿立てです。
「元の用途にしばられない発想から生まれる収納」系ですね。いろんなサイトさんで見かける初歩的アイデアです。
でもたしかに、皿立てで探すとあんまりかわいいのないしましてやピンクなんかなかなか見つからない。
これだと100均でいくらでも好みの色や形が選べるし、強度が心配だったけどそんなに重いお皿をおかなければ大丈夫みたい。へなったことないし。
お鍋を乾かすスペースがなかったので、それにも役立ってます。お鍋のフタやお鍋のさきっちょをひっかければ乾きやすいですし。

shuunou2.jpg

これは仕事ですごく役立ってる収納法。
パソコンデスクのすぐ横に置いている、仕事用のカラーボックスなんですが、よく使う書類などはファイルケースに立てて置いてカラーボックスの天板の上に。余った手前のスペースにはつめきりや耳かきを入れた小物入れ。
一番上の棚には、奥にはあまり使わないけどなくすと困る書類などをファイルケースに入れてならべ、余ったところにはCDのキャリングケースや名刺ファイルを立てて、手前には画鋲でよく使うものカゴとスカイプ(ボイスチャットです)をするときのヘッドセット、フラッシュメモリをそれぞれぶらさげてます。
この「よく使うものカゴ」が超便利!!
カラーボックスの手前なんかにものぶらさげたら、奥のもの取りづらいし使いにくくなりそうですが、だからこそ隠れた収納場所っていうんでしょうかw
本気で普段つかわねえよこれってものだけをセレクトしてしまいこみ、手前のカゴは特に毎日手が伸びるようなものを入れる。
私は洋菓子・ケーキ屋さんの箱とかポスターとかシールとかリボンとか紙袋とかそういうものをデザインするパッケージデザイナーというお仕事をしているのですが、職業柄ただパソコンに向かっていればいいわけではなく、やっぱりお菓子のパッケージですのでやわらかい手書き風の文字とか、和風の筆文字、クレヨン文字とか、同じくクレヨンタッチのイラストとか、えんぴつで描いたデッサン風のイラストをアナログで描いてスキャンするということがよくあります。
そこで登場するグッズをここにいれているのです。
中身はくれよん、定規、100均で3冊100円で売っている白いメモ帳(これに筆やクレヨンで絵や文字をかきます)、色上質紙の見本帳など。
えんぴつや筆は2台あるパソコンの真中にペン立てを置いて入れてます。
そこに入らないような、でも毎日使うお仕事グッズをここに入れているわけです。

まあぶらさげているのはカゴとかヘッドセットとか、いずれもすぐに取り外せるものばかりなので奥のものが必要になってもそんなに大変じゃないですし、奥に入れるものさえ決まっていれば、割と有効活用できる収納場所じゃないかなーと思います。
仕事中は椅子から立つのめんどくさいんで横着者の私にはぴったりな場所だしねw

しかも、こういうものって横置きにするとものすごく取り出しにくいしかさばるんですよね。形の違うもの、でもいつも一緒に使うもの・・・それらをまとめるにはカゴが便利ですし、かといってカゴを画鋲で下げるなんて賃貸ではちょっと・・・という時にこそこのカラーボックスに画鋲刺しちゃえ作戦なんですよ☆

他にも、私物のカラーボックス+画鋲には色々な使い道があります。
側面が空いているなら画鋲を刺してそこに小さなお掃除道具(コロコロとかハタキとか)を引っ掛けたりゴミの収集日のチラシを貼ったり。
ビデオテープの空き箱をりゃんめんテープでくっつけてしゃもじを入れたり(勿論そのカラーボックスに炊飯器が置いてあること前提です)、同じく空き箱に小物を入れてくっつけたり、カラーボックスを私のように電話台として使っている人なら横に画鋲でアドレス帳を下げてみたり・・・。
よくいる位置のすぐ手の届く場所にあるカラーボックスなら、ちいさなビニール袋をさげて、簡易ゴミ箱にしたりとか。
なんにせよ賃貸の壁に刺す画鋲は最低限に押さえたいですから、カラーボックスに穴をあけてもいーって人なら色々用途を考えてみるといいかもです。


他にもいろいろと考えて収納しているものがありますが、とりあえずお気に入りというかもう手放せない収納法!っていうのはこんなところかな?
収納 CM (2) TB (0) top↑
<< 食卓がきたよ! (BlogPet) | TopPage | ピンクのガウン>>
comments
ミルクたちが、大きい習慣と広い無理を紹介したかったの♪


2005-12-20 Tue 20:58 | URL | BlogPetのミルク #-[ 編集/削除]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005-12-21 Wed 14:19 | | #[ 編集/削除]
top↑
*Post a Comment*
 

管理者だけに閲覧
 

 

Track Back
top↑
| TopPage |


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。